社労士・行政書士無料相談社労士・行政書士無料相談

セミナー開催中海外人材採用・活用に関する
お役立ちセミナーに
ぜひご参加ください。

セミナーのご案内SEMINAR INFORMATION

  • ホーム>
  • セミナー一覧>
  • 【7/14(水)日立システムズ応援登壇決定!】コロナ禍で求められる非接触型外国人管理とは?

【7/14(水)日立システムズ応援登壇決定!】

コロナ禍で求められる非接触型外国人管理とは?

7/14(水) 14:00~15:00 60分

外国人を採用している企業様、監理団体様、登録支援機関様向けのセミナーです。

外国人材を採用する企業の課題解決を行っているキャリアアセットマネジの鮫島 慎吾が、「コロナ禍で求められる非接触型外国人管理」というテーマで、外国人の雇用時に必要となる管理業務を支援するクラウドサービス「外国人雇用管理サービス」の営業担当 日立システムズ 高木大毅氏とキャリアアセットマネジ 教育コンテンツ開発担当の藤居 真紀を迎えて解説致します。
外国人に限らずHR領域のDX化は加速しております。その中でも外国人管理システムと日本語教育分野における新しいカタチをご案内します。

また、質疑応答の時間も設けており、外国人採用における皆さまの疑問や不安が解消されることを目指しております。

  • ポイント: 01

    現在の外国人活用状況や課題をわかりやすく解説

    外国人を採用することは様々な課題と向き合うことになります。実際の課題や具体的対処方法を学べます。

  • ポイント: 02

    外国人管理システムに求められる具体的な内容をお伝えします

    技能実習や特定技能など様々な在留資格すべてに対応可能な管理システムは意外と多くありません。コンプライアンスに則って適正に外国人の管理ができるシステムをお伝えします。

  • ポイント: 03

    DXによってコロナ禍でもできる成果につながる教育システムをご紹介

    コロナで集合研修などがなかなかできずにお困りではありませんか?日本語教育だけじゃない、生産性UPに直結する教育コンテンツをご紹介します。

プログラム

第一部:「外国人雇用状況とその課題」
・国別・在留資格別外国人就労状況
・今後の受け入れ見込
・外国人採用の現状と起こりうる問題

第二部:「選ぶべき外国人管理システム」

・外国人を雇用する上での具体的課題
・管理システムに求められる役割
・デモ画面の紹介

第三部:「コロナ禍でもできる教育DX」

・来日する外国人の日本語レベルの実状
・企業が本当に求める外国人社員像とは
・コロナ禍で求められるオンライン教育とは

 

※質疑応答(14:45~15:00)セミナー内容と合わせて海外人材活用について日頃疑問に思っていることなど、なんでもお答えします。

セミナー概要

セミナータイトル
【7/14(水)日立システムズ応援登壇決定!】コロナ禍で求められる非接触型外国人管理とは?
日程
7/14(水) 14:00~15:00 60分
会場
WEBセミナー(ZOOM)
お申込み完了後、参加用URLをメールでお送りいたします。
準備物
パソコン
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。
対象
人事ご担当者様、人事関連業務に関わる方
※競合会社様と判断した場合、ご参加をお断りする場合がございます。
定員
30名
※回線の都合上、アクセスは1社につき2名様までとさせていただきます。
費用
無料
問い合わせ
キャリアアセットマネジ株式会社 グローバル事業部(TEL:03-6634-4520)

セミナー講師紹介

  • 株式会社日立システムズ
    高木大毅

    2019年に日立システムズに入社。
    「外国人雇用管理サービス」等、主に人事・総務向けソリューションの提案活動を担当。

  • キャリアアセットマネジ株式会社
    鮫島 慎吾

    2008年に人材会社綜合キャリアオプションに入社。
    人材紹介会社、派遣会社として新規顧客の開拓、既存のお客様の採用活動のお手伝い、採用後のフォローを担当。
    その後、エリアマネージャーを経て同グループキャリアアセットマネジに転籍。現在はグループ商材の開発や、海外人材を採用する企業の課題解決を行っている。

  • キャリアアセットマネジ株式会社
    開発マネージャー
    藤居 真紀

    キャリアアセットマネジに入社後、教育研修・評価システムの構築及び新規顧客開拓、運用サポートに従事。その後同社グローバル事業部立ち上げに伴い、外国人向け教育システムの開発を担当している。

セミナー開催後
レポート

人材難と言われて久しい現代において貴重な存在である外国人材ですが、これまでも採用から育成、マネジメントにおいてさまざまな課題がありました。そんな中で新型コロナウィルスの感染拡大により、新たな課題に直面している企業様も少なくないはずです。

去る2021年7月14日、外国人材を採用する企業様の課題解決に取り組んでいるキャリアアセットマネジが、外国人雇用の管理業務支援システムを展開する日立システムズの協力を受け、「コロナ禍で求められる非接触型外国人管理」をテーマとするWEBセミナーを開催しました。その様子について、レポートにて紹介いたします。

■当セミナーの様子を動画でご視聴可能です!
当日のセミナーの一部を動画にてご覧いただけます。
ご参加いただけなかった方や、社内共有用にぜひご活用ください。

【第1部】「外国人雇用状況とその課題」
(URL) https://is.gd/L9y3uP

【第2部】「選ぶべき外国人管理システム」
(URL) https://is.gd/Bxgflx

【第3部】「コロナ禍でもできる教育DX」
(URL) https://is.gd/wbB9mi


■コロナ禍における新たな外国人管理について学ぶセミナーに23名が参加!

当日はすでに外国人材を活用している企業様、および採用を検討中の企業様などから23名の採用担当者様にご参加いただきました。
外国人材の活用にあたってはコロナ禍以前からさまざまな課題と向き合う必要がありましたが、コロナ禍によって接触機会の制限などの新たな課題も浮かび上がっています。また、外国人に限らず人材採用におけうDX化の流れが加速していることもあり、セミナーでは外国人雇用管理システムと日本語教育分野において、現在とこれからの時代に則した新しい形をわかりやすく解説いたしました。

■外国人管理システムや教育DX化などについて、データや事例を挙げてご紹介
当日はキャリアアセットマネジの【鮫島慎吾】が進行役として、日立システムズにて外国人雇用における管理業務を支援するクラウドサービス「外国人雇用管理サービス」の営業担当である【高木大毅】氏、そしてキャリアアセットマネジの教育コンテンツ開発担当である【藤居真紀】が解説役として登壇しました。

第一部は「外国人雇用状況とその課題」と題し、キャリアアセットマネジの鮫島慎吾が登壇。国別・在留資格別外国人就労状況や今後の受け入れ見込み、外国人材の採用状況と課題についてデータを交えながら解説。課題への向き合い方、実際の課題や具体的対処方法などをわかりやすく紹介しました。

第二部は「選ぶべき外国人管理システム」と題し、管理システムに求められる役割を説明した後、日立システムズの高木大毅氏がクラウドサービスである「外国人雇用管理サービス」について、機能やメリットなどの紹介を行いました。画面上でデモンストレーションを行いながら、さまざまな課題に対して「外国人雇用管理サービス」がどのように解決できるのか、具体的な例を挙げながらわかりやすく解説しました。

第三部は「コロナ禍でもできる教育DX」と題し、コロナ禍でも日本語などの教育が可能で、かつ成果につながる解決策として、オンライン教育システムの必要性を紹介しました。最初に外国人材の日本語スキルに関する実情をお話しした後、キャリアアセットマネジの藤居真紀が新たな教育プラットフォーム「edupoke(エデュポケ)」を紹介。導入事例や効果などについて、デモンストレーションを交えながら具体的な説明を行いました。

■満足度 91.2%!外国人管理システムに関心を寄せる企業様も!

 

参加された方の満足度は91.2%で、皆様セミナーの内容に学ぶところが多かったようです。

すでに外国人材の雇用や活用を行っている企業様15社に「外国人材活用で課題に感じること」を伺ったところ、「日本語教育」を挙げる声が極めて多い結果となりました。これはいかに言葉によるコミュニケーションが重要で、外国人材の活用において高いハードルになっているかを表しています。

また、参加された方からは、以下のご意見もいただきました。
「大変参考になりました」
「外国人雇用管理サービスに興味がわきました」
「edupokeのコンセプトが、当社の顧客ニーズに近いと思いました」
「もう少しゆっくり話していただけると、より深く理解できると思います」
外国人材の雇用について、それぞれに抱える課題に向けたソリューションを求める声が多いことを感じました。同時に、関心の高さゆえに厳しいご意見もありました。いただいたご意見やご感想は、今後のセミナー運営に活用させていただきます。

■注目のGMSセミナー
キャリアアセットマネジでは、海外人材マネジメントサービス【GMS】のセミナーを定期的に開催しております。より具体的に現場のニーズに即したテーマを提供してまいりますので、ぜひご参加ください。
https://gms.ca-m.co.jp/archives/seminar/