社労士・行政書士無料相談社労士・行政書士無料相談

セミナー開催中海外人材採用・活用に関する
お役立ちセミナーに
ぜひご参加ください。

海外人材活用のお困りごとの解決をお手伝いします!

海外人材Q&AOverseas human resources Q&A

カテゴリ

技能実習

2021年05月07日

技能実習生に支払う給与の相場を教えてください。

技能実習生の報酬は、その企業の日本人従業員と同水準であるのが原則です。但し、現状は「月給額(又は時給額)」のみで運用されています
【条文】技能実習法第9条9項

【参考】
・参考様式第1-16号(技能実習生の報酬・宿泊施設・徴収費用についての説明書)
・参考様式第1-14号(雇用契約書及び雇用条件書)
※技能実習1号(1年目)、2号(2年目3年目)、3号(4年目5年目)の、各3回の認定申請時に提出します。

※技術が向上しているので、月給額(又は時給額)が上がらないと、技能実習計画が認定されない仕組みです
※なお、日本人と報酬の差がある理由を記載すれば、実習生の月給額(又は時給額)の方が低い場合でも許可されるケースもございます。

そのため、下記の運用が一般的とされています。
月給額(又は時給額):日本人と原則同等(参考様式第1-16号に記載する)
賞与や退職金:なしで可(参考様式第1-14号で、なしにチェックする)
③その他、いわゆる通常の手当:比較的日本人同様に支給されています。

同一労働同一賃金に関しては、「技能実習生と日本人正社員とは、職務の範囲も責任の度合いも異なる」という前提で運用されています。