カテゴリー

  • 特定技能

2020年12月16日

特定技能修了後の帰国時の航空運賃は受入れ機関が負担しなければなりませんか。

特定技能修了後に本人が帰国の費用を負担することができない場合を除き、基本的に本人が帰国時の航空賃金を負担することになってます。

本人が負担できないケースを想定して、予算組の段階で帰国時の航空賃金の費用も想定していくことをおすすめします。

カテゴリーで探す