社労士・行政書士無料相談社労士・行政書士無料相談

社労士・行政書士無料相談お困りごとは何でもご質問ください。
社労士・行政書士に質問してみる

海外人材活用のお困りごとの解決をお手伝いします!

海外人材Q&AOverseas human resources Q&A

  • TOP>
  • 海外人材Q&ATOP>
  • 技能実習生から特定技能に切替をする予定です。本人の住む家はそのままでも問題ないですか。

カテゴリ

制度

2021年02月02日

技能実習生から特定技能に切替をする予定です。本人の住む家はそのままでも問題ないですか。

ほとんどの場合、新しく家を用意する必要はなく、そのままで問題ありません。

特定技能では、「居室の広さが1人当たり7.5㎡以上」と定められてます。

「居室」とは、特定技能の運用要領の中で以下のように定められてます。

”ここにいう「居室」とは、居住、執務、作業、集会、娯楽、その他これらに類する目的のために継続的に使用する室をいい、ロフト等はこれに含まれないことに留意が必要です。”

ただし下記2つの場合でかつ、本人が引き続き元の寮に住むことを希望している場合は、上記に当てはまらなくても問題ありません。

・ 日本に住んでいる技能実習生が帰国せずに引き続き1号特定技能で働く場合

・現在外国に住んでいる自社で働いていた元実習生が、同じ会社で1号特定技能で働く場合

(特定技能に変更する予定で帰国し、部屋はそのままにしてある方の場合)

しかし、上記の場合でも寝室の広さは技能実習生と同様4.5m以上と定められています。