特定技能制度とは

2019年4月に施行された特定技能の対象職種は14分野でしたが、2022年4月26日に製造分野
(素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業)が統合され、12分野となっています。

中小・小規模事業者をはじめとした人手不足は深刻化しており、我が国の経済・社会基盤の持続可能性を阻害する可能性が出てきているため、生産性向上や国内人材確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みを構築するために特定技能制度が創設されました。

各国からのルートを確保できてます!

各国からの

ルートを確保できてます!

現地の教習所やアカデミー、国内
教習所などとの協力体制も構築済み!

  • ベトナム
    ホーチミン拠点
    年間2000名の免許取得/
    南部最大規模
    ハノイ拠点
    年間4000名の対象者を確保/
    大型免許取得コースあり
  • インドネシア
    ジャカルタ拠点
    地元で長年経営されている
    教習所
    バリ拠点
    大型運転免許も対応
  • タイ
    バンコク拠点
    運転路線など相性が良い。
    日本式の教習所
  • フィリピン
    マニラ拠点
    地元日本語教育学校とも提携。
    大型免許対応

各種業務区分の概要

トラック
運転手

受け入れ
見込み

15,000

配送(個人宅等への荷物配送など)は対象外の見込み

バス
運転手

受け入れ
見込み

3,000

バスタクシー運転については
N3以上必須
二種免許の取得が必要※

(国内の免許取得にかかる期間
(最長6か月)については 別資格
〈特定活動〉での在留が認められる)

タクシー
運転手

受け入れ
見込み

6,500

バスタクシー運転については
N3以上必須
二種免許の取得が必要※

(国内の免許取得にかかる期間
(最長6か月)については 別資格
〈特定活動〉での在留が認められる)

採用フロー/
各種対応項目とCAMCOM
グループの対応範囲