社労士・行政書士無料相談社労士・行政書士無料相談

セミナー開催中海外人材採用・活用に関する
お役立ちセミナーに
ぜひご参加ください。

海外人材活用のお困りごとの解決をお手伝いします!

海外人材Q&AOverseas human resources Q&A

  • TOP>
  • 海外人材Q&ATOP>
  • 技人国の方の「通訳」の業務割合について教えてください。 ホテル・旅館での勤務の場合、一時的に通訳以外の業務に携わることが前提とされていますが、 割合など決まっておりますでしょうか。

カテゴリ

その他在留資格

2021年07月09日

技人国の方の「通訳」の業務割合について教えてください。 ホテル・旅館での勤務の場合、一時的に通訳以外の業務に携わることが前提とされていますが、 割合など決まっておりますでしょうか。

割合は決まっておりません。

よって、割合というよりも、現実にあった職務内容で申請する事をお勧め致します。
都度、入管に確認をとるのが良いでしょう。

「通訳のみを行う」と予定職務に記載すると、
通訳以外の職務は非常に行い辛くなりますので、
予定職務内容に、より広く職務が行えるように記載する事がポイントとなります。

但し、色々書き過ぎて、その在留資格に認められている職務以外の職務を記載すると、不許可になる可能性が高まりますので注意が必要です。