カテゴリー

  • 技能実習

2020年11月13日

技能実習が修了し帰国する際、技能実習生が支払った厚生年金が返ってくる「脱退一時金制度」があることを聞きました。制度内容と手続きについて教えてほしいです。

脱退一時金とは、厚生年金、また国民年金保険を6ヶ月以上加入し、帰国する外国人に対して払った保険料の額に応じて一定額払い戻す制度のことです。

原則、日本を出国した後に請求が可能です。
受給要件は下記5つです。
①日本国籍でないこと
②日本国内に住所がないこと
③厚生年金また国民年金保険に6ヶ月以上加入していること
④障害年金の受給を受けたことがないこと
⑤老齢厚生年金などの年金の受給権を満たしていないこと
脱退一時金の請求をするためには、出国前に転出届を出すこと、転出届を提出してから2年以内に請求すること、が必要です。
再入国許可やみなし再入国許可を受けて出国する方でも、転出届を提出していれば請求は可能ですが、転出届を提出していない場合は請求ができませんのでご注意ください。
手続き方法については以下の通りです。
①必要書類の準備
ⅰ脱退一時金請求書(日本年金機構のHPよりダウンロード可能です。)
ⅱパスポート(旅券)の写し(氏名、生年月日、国籍、署名、在留資格が確認できるページ)
ⅲ住民票の除票の写し等、日本国内に住所を有しなくなったことを明らかにすることができる書類
ⅳ「銀行名」、「支店名」、「支店の所在地」、「口座番号」及び「請求者本人の口座名義」であることが確認できる書類
(銀行が発行した証明書等。または、「銀行の口座証明印」の欄に銀行の証明を受けてください。)
※1 日本国内の金融機関で受ける場合は、口座名義がカタカナで登録されていることが必要です。
※2 ゆうちょ銀行では脱退一時金を受け取ることができません。
年金手帳、その他基礎年金番号が確認できる書類
②日本年金機構本部宛てに、電子申請・郵送にて書類を申請。
電子申請についてはe-Govで手続きが可能です。
制度変更がある可能性がございますので、都度確認頂くことをおすすめします。

カテゴリーで探す