社労士・行政書士無料相談社労士・行政書士無料相談

セミナー開催中海外人材採用・活用に関する
お役立ちセミナーに
ぜひご参加ください。

海外人材活用のお困りごとの解決をお手伝いします!

海外人材Q&AOverseas human resources Q&A

  • TOP>
  • 海外人材Q&ATOP>
  • 参考様式第5-6号「定期面談報告書」に、監督者と記載がありますが、この監督者とは誰でも良いのでしょうか。

カテゴリ

特定技能

2022年01月21日

参考様式第5-6号「定期面談報告書」に、監督者と記載がありますが、この監督者とは誰でも良いのでしょうか。

監督者には直接の上司や雇用先の代表者等が該当します。例えば、外国人が製造部で働いている場合、技術部の上司は監督者に当たらないと言えます。面談対象の特定技能外国人に対して指揮命令権があるかどうかがポイントです。

・「監督する立場にある者」とは,特定技能外国人と同一の部署の職員であるなど,当該外国人に対して指揮命令権を有する者をいいます。
(参考資料:1号特定技能外国人支援に関する運用要領