カテゴリー

2024年3月15日

鉄道運転士には免許が必要かと思いますが、試験内容はどのようなものですか?

鉄道運転士になるための動力車操縦者試験は、身体検査・適性検査・筆記試験・技能試験によって行われます。

1.【試験科目】

 

試験科目

内容

身体検査

・視機能

・聴力

・疾病及び身体機能の障害の有無

・中毒

適性検査

クレペリン検査、反応速度検査その他の検査

筆記試験

・安全に関する基本的事項

・動力車の種類毎の構造及び機能(運転免許によって異なります)

・運転理論

技能試験

次に掲げる事項について行う。

一 速度観測

二 距離目測

三 制動機の操作

四 制動機以外の機器の取扱

五 定時運転

六 非常の場合の措置

 

<根拠法令:動力車操縦者運転免許に関する省令> 第8条~8条の5、別表第2・第3

 

 

2.【運転免許の種類】 ※自動車運転免許との比較

 

動力車

自動車

一 甲種蒸気機関車運転免許

二 甲種電気車運転免許 ※在来線

三 甲種内燃車運転免許

四 新幹線電気車運転免許 ※新幹線

五 第一種磁気誘導式電気車運転免許

六 第二種磁気誘導式電気車運転免許

七 第一種磁気誘導式内燃車運転免許

八 第二種磁気誘導式内燃車運転免許

九 乙種蒸気機関車運転免許

十 乙種電気車運転免許

十一 乙種内燃車運転免許

十二 無軌条電車運転免許

 

【第一種免許】

大型免許

中型免許

準中型免許

普通免許

大型特殊免許

大型二輪免許

普通二輪免許

小型特殊免許

原付免許

 

【第二種免許】 ※タクシー、バス等

大型免許

中型免許

普通免許

大型特殊免許

 

<根拠法令:道路交通法> 第85条、第86条

<根拠法令:動力車操縦者運転免許に関する省令> 第4条

 

 

同じカテゴリの人気Q&A